きれいになる

美容女性は誰しも美しくなりたいと思うでしょう。何歳ころからこのような意識が芽生えるのでしょうか。まわりの子どもを見たり、聞いたりすると、2,3歳の小さな女の子でもお化粧の真似事や、おめかしが大好きなようです。よく、お母さんが使っている化粧品を使いたがったり、おもちゃ売り場に行くと、子ども向けの化粧品もあります。自分が幼い頃を思い返しても、よく母親の鏡台に座って化粧の真似事をよくしていたものです。女性として生まれてきれいになる、かわいくなる喜びをこんなに小さな子どもでも十分わかっているんですね。

小さな子どもは遊びながら自分を着飾ることを楽しんでいます。だんだんおとなの女性になってくると、当然楽しみながらきれいになる努力をしますが、それ以上に時間もお金も使っているでしょう。純粋に楽しくやってるだけではなくなっている気もします。あまりにも、時間もお金も使うと苦痛になりそうなので、苦痛にならない程度におとなの女性には必要最低限のきれいさを保っていて欲しいものです。